昭和の時代に六代目笑福亭松鶴師等と共に、 一度は衰退し絶滅寸前であった上方落語の 復興に尽力し、その後その功績が認められ 人間国宝となった 正に上方落語の頂点、三代目桂米朝。 人間国宝の名演をたっぷりと。 桂
「桂米朝上方落語大全集」と題し各地での公演で 収録した上方落語100演目をファン待望の初CD化。 「第一期」「第二期」「第三期」「第四期」と4 つの商品に分けて収録。1973年3月~1978年3月 の5年間にわたり、アナログレコードで発売され 現在では廃盤となっている、昭和の時代の米朝の 勢いに乗った名演ばかりを集めた大全集。

桂米朝プロフィール:
大正14年 11月6日生まれ
昭和22年 四代目桂米團治に入門
昭和32年 「上方落語協会」を発足
昭和38年 第18回文化庁芸術祭文部大臣奨励賞を受賞
昭和42年 「地獄八景亡者戯」で大阪民劇場奨励賞を受賞
昭和44年 第24回文化庁芸術祭優秀賞受賞 昭和53年 大阪芸術賞受賞
昭和55年 芸術選奨文部大臣賞受賞
昭和57年 第10回日本放送演芸大賞功労賞を受賞
昭和62年4月29日 紫綬褒章受章
平成8年4月19日 重要無形文化財保持者(人間国宝)に設定
平成27年3月19日 永眠

●各CD10枚組
●別冊解説・速記本付
●ボックスケース入り


[桂米朝 上方落語大全集 第四期]

31.
らくだ (1977・7・17/大阪サンケイホール)
持参金 (1973・1・22/京都会館)
(約68分)

32.
崇徳院 (1972・10・9/大阪朝日生命ホール)
看板の一 (1975・6・28/姫路市文化センター)
狸の化寺 (1974・4・21/京都府立文化芸術会館))
(約73分)

33.
高津の富 (1975・1・3/大阪サンケイホール)
田楽喰い (1977・4・21/大阪厚生年金会館)
除夜の雪 (1976・11・16/大阪朝日生命ホール)
(約74分)

34.
池田の猪買い (1975・1・3/大阪サンケイホール)
馬の田楽 (1974・10・9/大阪朝日生命ホール)
べかこ (1972・10・9/大阪朝日生命ホール)
(約72分)

35.
天狗さばき* (1972・4・23/京都府立文化芸術会館)
近江八景 (1973・9・4/大阪厚生年金会館)
牛の丸薬 (1973・4・9/東京第一生命ホール)
(約71分)

36.
しまつの極意 (1975・2・15/京都府立文化芸術会館)
坊主茶屋 (1975・4・20/京都府立文化芸術会館)
桃太郎 (1974・5・22/和歌山県民文化会館)
(約73分)

37.
質屋蔵 (1973・3・5/大阪厚生年金会館)
鉄砲勇助 (1977・1・3/大阪サンケイホール)
(約65分)

38.
千両みかん (1972・9・19/京都会館)
風の神送り (1974・4・21/京都府立文化芸術会館)
(約64分)

39.
菊江佛壇 (1974・8・27/大阪厚生年金会館)
くやみ (1974・7・29/高知農協会館ホール)
(約71分)

40.
こぶ弁慶 (1972・12・18/大阪厚生年金会館)
子ほめ (1974・1・29/京都会館)
(約67分)



制作: ユニバーサル ミュージック

100 %品質保証 桂米朝 上方落語大全集「第四期」-落語!

100 %品質保証 桂米朝 上方落語大全集「第四期」-落語

後藤:ヴィーナス 業務用カールヘアアイロン NCD-132 ゴールド

フォルツァ(FORZA)MF08 V2 エアロフェイス 後期モデル用(塗装なし) WARRIORZ(ウォーリアーズ)

モデリング言語UMLの基本と各ダイアグラムに関して解説します。

↑このページの先頭へ

Loading